グリーンスムージーは、新鮮な野菜や果物の栄養素を美味しく摂取できる飲み物です。

 

だけど、毎日新鮮な状態で作るのは、ちょっと手間ですよね。

 

なので、ここでは、グリーンスムージーのおすすめな飲み方と、作り置きしたときのメリット・デメリットをまとめておきます。

 

グリーンスムージーのおすすめな飲み方!

グリーンスムージーのオススメな飲み方は、新鮮な野菜を飲む直前にカットしてミキサーにかけることです。

 

そして、飲みやすくするため、甘いフルーツを多めにしたり、蜂蜜などで味を調えること。

 

刻んですぐにミキサーすることで、栄養素が劣化なしに摂取することができますし、フルーツや蜂蜜の甘みでおいしくいただけるんです。

 

この、作った直後に飲むのがホント大切なことで、時間がたてばたつほど、栄養素は分解して少なくなってしまうし、美味しくなくなってしまいます。

 

冷蔵保存しても、冷凍保存しても、劣化してしまうので、作ったらすぐに飲むようにする必要があります。

 

グリーンスムージーの作り置き!

それでも、朝飲みたいけど、どうしても時間が取れないという人は多いですよね。

 

そんなあなたにおすすめなのが、夜のうちに、野菜や果物を刻んで、ミキサーにかける直前まで作っておき、朝ミキサーにかけてすぐに飲むことです。

 

これによって、栄養分の劣化を最小限に抑えることができるので、まだ、美味しくいただくことができます。

 

ですが、やはり、新鮮な野菜や果物を劣化なしにグリーンスムージーでいただくには、飲む直前に準備したものだけです。

 

作り置きのメリット・デメリット

グリーンスムージーの作り置きのメリットは、時間のある時にまとめて作っておけることと、まとめて作ることで、野菜や果実が腐ってしまう無駄を防ぐことができることです。

 

一方で、デメリットは、作り置きして時間がたてばたつほど、栄養素がなくなってしまうこと、味が美味しくなくなってしまうことです。

 

なので、作り置きしてしまうと、何のためにグリーンスムージーを飲んでいるのかわからなくなってしまうのです。

 

粉末のスムージー

グリーンスムージーを、毎日続けていくのは、本当に大変なことなんですよ。

 

どうしても手を抜きたいと、作り置きしてしまうなら、結局、グリーンスムージーを飲む意味がなくなってしまいます。

 

だからこそ、グリーンスムージーの粉末が大活躍できるんです。

 

しかも、粉末のグリーンスムージーは、たくさんの食物や果実、酵素や食物繊維を含んでいるので、栄養バランスが大変優れているのです。

 

野菜や果実を刻んでミキサーで作るよりも、お手頃価格で、美味しく、栄養を摂取できるのです。

 

だからこそ、新鮮な野菜果実で、グリーンスムージーを続けるのが大変だと思う人は、粉末のグリーンスムージーを考えてみましょう。

 

こちらに、グリーンスムージーおすすめランキングをまとめてありますので、参考にしていただければ幸いです。

 

グリーンスムージーおすすめランキング!

 

 

次の記事を読むとグリーンスムージーについてもっと理解できます!

グリーンスムージーを豆乳や牛乳で飲んでもいいの?

グリーンスムージーと青汁の違いは何?あなたはどっちを選ぶ?

グリーンスムージーの1日の摂取量はどれくらいが適量なの?

初心者におすすめなグリーンスムージーはこれ!

グリーンスムージーで過食を防ぐ!グリーンスムージーの効果!

妊娠中・授乳中におすすめのグリーンスムージーはこちら!

野菜嫌いな子供が飲めるグリーンスムージーならこちらがおすすめ!

グリーンスムージーのダイエット効果って?効果的なダイエット方法の3つのポイント!